授乳中のママもウォーターサーバーの綺麗な水を飲もう!

赤ちゃんのためにミルクを与えるようになれば、その時点から赤ちゃんの水分摂取が始まるようなイメージがあります。そして、そのように思い込んでいるママもたくさんいるのですが、じつはこれは大きな勘違いです。実際にはミルクを飲むようになる以前からお母さんの母乳を飲んでおり、その母乳はお母さんが摂取した水に影響を受けるわけですから、その時点から水への配慮はなければならないのです。この点を忘れないようにしましょう。


お腹の中にいる間も影響がある

お母さんが妊娠するということは、その時点から赤ちゃんの人生はスタートするわけです。そのため、お腹の中にいたとしても、その時点からすでにお母さんの体を経由する形ではありますが、綺麗なお水を摂取する赤ちゃんと、そうではない赤ちゃんが決まってしまうのです。そして、どちらのタイプの赤ちゃんにするかはママ次第です。自分がどんな水を摂取するのかがとても重要になるので、妊娠が発覚したらすぐにでも対応しましょう。


妊娠がわかったらウォーターサーバーを

赤ちゃんのために水を安心して飲める物にしようと思っているお母さんも、その使用開始タイミングを誤っていることがあります。ミルクをあげるようになってからというふうに思っているママや赤ちゃんが誕生してからウォーターサーバーを置こうとしている人もいます。しかし、ウォーターサーバーは赤ちゃんの妊娠がわかったら一日も早いほうがいいのです。そのため、設置のタイミングが遅くなってしまっては意味がないので、すぐに行動しましょう。