赤ちゃんはマグネシウムに弱い

水には種類があり、軟水と硬水があります。この違いはどのようにして生まれるのかと言えば、その水に含まれているマグネシウムなどの量なのです。マグネシウムが多い水は硬度が高くなり、赤ちゃんには向いていません。つまりはマグネシウムなどの具体的な成分が赤ちゃんにとっては大敵なのです。そのため、ミネラルウォーターではなくピュアウォーターなどと呼ばれる水を赤ちゃんのためには選んであげるようにしてほしいところです。


硬度はミネラルの含有量で決まる

水に関してよく耳にする言葉と言えば「ミネラルウォーター」ということです。これはミネラル分が豊富な水ということであってカルシウムやマグネシウムの含有量が豊富なことを意味しています。大人がこのような水を飲む分にはまったく問題がないのですが、赤ちゃんの場合には赤ちゃんの体に負担がかかってしまいますので、ミネラルウォーターは避けて、ピュアウォーターを使用しているウォーターサーバー業者を利用するようにしましょう。


赤ちゃん用の水を用意する業者もある

ミネラルウォーターを避ける形でウォーターサーバーを利用するのが赤ちゃんのためには望ましい形なのですが、業者の中には「この水は赤ちゃんが飲んでも大丈夫」というような形で、言ってみれば赤ちゃん専用の水を用意しているような業者もあるのです。そのような業者であれば、自分で調べて選んだりしなくても赤ちゃんの体に問題のない水を飲ませることができるので、このようなウォーターサーバー業者を使うのもひとつの手です。