万が一の場合のストックにも最適

水道管の破裂や停電による断水

災害時に断水してしまうというのは今まで被災を経験していなくてもニュースなどを通じて知っているはずです。地震の場合には特に多いのですが、水道管が破裂してしまって水が届かなくなってしまうケースや停電によって水を動かすポンプが稼働しなくなってしまい、断水というケースが多いのです。このような場合に、赤ちゃんの飲み水を用意できなくなるので心配だと思いますが、ウォーターサーバーは水のストックにもなることを覚えておきましょう。

停電時でもボトルには水がある

ウォーターサーバーは電気によって稼働しているので停電になってしまうと意味がないと思うかもしれませんが、停電になることによってお湯や冷たい水はでなくなってしまうものの、常温の水として使用することは可能です。そのため、万が一の場合にはサーバーからボトルをはずして、通常の飲料水に使用することができるので、災害などで自宅に水が届かない状態になったとしても赤ちゃんにかわいそうな思いをさせることがないのです。

予備のボトルがあればさらに安心

ウォーターサーバーのボトルは数本単位で注文することになるケースが多いのですが、この場合には一本はサーバーに置いて使い、もう一本はどこかに置いておくことになりますが、このように常時キープしているボトルがあるということは、それだけ大量の飲料水を確保することにもつながりますので、やはりウォーターサーバーが家にあると安心です。数十リットル単位で水があれば、災害から数日は問題なく生き延びることができるはずです。