チャイルドロック付きのウォーターサーバーを紹介!誤って水がでないようにしよう

子どもやペットがいる家庭のために熱湯でのやけど防止や好奇心からのいたずら防止のためにつけられたチャイルドロック。

簡単にいうと普通にレバーを操作するだけではできないしくみにしているのだ。例えるならライターに付いている2段階機能と同じようなものだ。

最近ではほとんどのウォーターサーバーに取り付けられている。

その種類は単純なものから大人もなれるまでてこずるものまで多種多様だ。

子どもやペットがいなければチャイルドロックを重視する必要がないが、子どもやペットあいる家庭では欠かせない機能となっている。



チャイルドロックって冷水にも取り付けられるの?

取り付けられるものもある。

何故冷水にもつける必要があるのかというと、子どもやペットのいたずら防止だ。

子どもはレバーがあったら操作したくなってしまうもの。気付いたら家の中が水浸し。なんて事にならないとように冷水にも取り付けられるものが増えてきているのだ。

ただ大人しかいないのに複雑なチャイルドロックがあるとかえって手間になってしまうので注意しよう。



冷水にもチャイルドロックが取り付けられるウォーターサーバー



そんなんで解除できたら、意味ないんじゃない?

これは経験談だが、子供が小さい時、予想とおり子供がウォーターサーバーのコックをいじってた。

「あ!危ない!」

と思ったが、子供がいじってもでない仕組みになっている。どんなに子供が頑張っても、本当にロックを解除できないので「これはすごい」と思った。



まとめ

最近のウォーターサーバーは子どもにも安全なようにチャイルドロックがつけられていて、温水だけではなく、冷水にも取り付けられるものも増えてきている。

使い勝手も考えて、子どもやペットがいる家庭では冷水、温水のチャイルドロックの有無を確認するのもウォーターサーバーサーバー選びのポイントとなってくる。