ワンウェイのウォーターサーバの方がリターナブルよりも衛生的って本当にそうなの?

この文章を読んでいると言うことはあなたはすでにワンウェイ方式のウォーターサーバーを知っているのでしょう。

一応簡単に説明すると「ワンウェイ方式」「ワンウェイシステム」と呼ばれるタイプのものは使い切りタイプとも言われていて、水を使えば使うほどボトルがどんどん潰れていき、最終的には小さくなり、そのあとはそのままゴミとして捨てられるタイプのものなのです。

ボトルを回収にきてもらう手間もない、最後まで水が空気に触れることもないので新鮮に飲みきることができるというメリットから最近では人気のウォーターサーバーである。

とはいってもワンウェイ方式のウォーターサーバーは数多くある。
その中から最も衛生的で価格が良心的で美味しいお水のワンウェイウォーターを選びたいところだ。

それでは、ワンウェイ方式のウォーターサーバーの選び方を紹介してみようと思う。



ワンウェイ方式のメリット

ワンウェイ方式の最大のメリットは衛生的な事と空きボトルで余計な場所を取らないこと。かといって決してリターナブル方式が不衛生というわけではない。

ただリターナブル方式の場合はボトルを再利用するので、そういうことが苦手な人にはワンウェイ方式がおすすめする。

ちなみにワンウェイボトルにはボトルタイプ、パックタイプがあるのでお好きな方を選べる。ちなみに私が現在使用しているのはワンウェイ方式のボトルタイプ。

色々あって決められない方は真似してみてはいかがだろう。



ワンウェイ方式は本当に衛生的なのか?

ワンウェイ方式は世間の評判ではリターナブル方式に比べて衛生的という意見が多い。その評判もあってか最近ではワンウェイ方式が主流になってきている。

しかし本当にワンウェイの方が衛生的、そうだろうか?答えはNOである。

NOといっても不衛生というわけではない。実はワンウェイ方式でもリターナブル方式でもメーカー次第とサーバーの手入れ次第なのだ。

特にサーバーの定期メンテナンスの期間や内容は重要になってくる。

最近ではサーバーにオートクリーンシステムが搭載されている物もあるので申し込む前にしっかり検討することが必要になってくるのだ。

では、ワンウェイで人気があるウォーターサーバーを比較してみよう。



人気があるワンウェイボトルのウォーターサーバー一覧

フレシャス(パック)

水のタイプ天然水
容量7L
レンタル料金無料~
メンテナンス期間不要
メンテナンス料金-
最低注文本数4本
最低注文金額4,400円
宅配形式佐川急便
宅配時期定期配送(配送間隔選択式)


コスモウォーター(ボトル)

水のタイプ天然水
容量12L
レンタル料金無料
メンテナンス期間不要
メンテナンス料金-
最低注文本数2本
最低注文金額3520円(税抜)
宅配形式宅配便
宅配時期定期配送(配送間隔選択式)


クリクラミオ(ボトル)

水のタイプ天然水
容量8L
レンタル料金無料
メンテナンス期間1年
メンテナンス料金無料
最低注文本数1本
最低注文金額1,100円
宅配形式事業所の宅配スタッフ(宅配便有)、宅配時間指定あり
宅配時期1週間、2週間、3週間、4週間、6週間毎から選択。定期配送。


クリティア(ボトル)

水のタイプ天然水
容量12L
レンタル料金無料
メンテナンス期間不要
メンテナンス料金-
最低注文本数2本
最低注文金額3,570円
宅配形式宅配便
宅配時期定期配送(配送間隔選択式)


まとめ

ワンウェイシステムだから、リターナブル方式だからで決めるのではなく、きちんと比べてサーバーを選ぶのが重要。

私がリターナブルを使わない理由は、過去に運搬中に破損して、水が漏れていることに気づかないで業者が配達していったからである。見た目にはわからないが、ちょっとしたボトルのヒビで玄関が水浸しになっていたことがあったのだ。

という理由から、私はワンウェイをおすすめしたい。

また、ワンウェイもリターナブルも定期メンテナンスの有無やオートクリーンシステムがあるサーバーを選ぶなど、衛生面をメインでウォーターサーバーを選ばれることをおすすめする。もちろん自分の気に入った天然水で。