ペットボトルの方が1リットルあたり約20円安い

なんと私はみなさんにウォーターサーバーの良さを伝えたいのに、ペットボトルのお水の値段とウォーターサーバーのお水の値段を比較したら、ペットボトルの方が約20円も安ことがわかってしまった。

さて、ペットボトルの方が安いのに、ウォーターサーバーに乗り換えれる人が増えている理由を探ろうと思う。



飲料水市場

最近では飲用水として水道水離れが進み、ほとんどの人が飲用水を買っているのだ。ペットボトルの価格が下がり、一般家庭では、浄水器を買う層も年々減っている。

そして、特に好調なのがウォーターサーバー市場だ。

普及率が年々上がってきていて、今では家庭でも珍しい存在ではなくなってきているし、CMでも目にすることがあると思う。薬局や病院、クリニックで普通に使っている人も増えてきている。

そうは言ってもまだまだペットボトルを買っている人の方が多いのが現実だ。

それはなぜか。

おそらく、ウォーターサーバーのことがよくわからない、ウォーターサーバーはお金がかかりそう。そして、料金体系やお水が届く仕組みがわからないからではないだろうか。

そんな疑問に答えて見たいと思う。



ウォーターサーバーとペットボトルの良い点・悪い点・コストを比較してみる


それではペットボトルとウォーターサーバーのメリットやデメリット、コストについて比較してみよう。



料金はペットボトルの方が安い

まずは料金。

実は料金で比べようと思ってもなかなか難しい。何故かと言うとペットボトルもウォーターサーバーも料金はピンきり。実際買いにいくのが大変でもただ安ければいいと考えている人にはスーパーマーケットの特売品を狙って箱買いというのが一番安い料金で済むかもしれない。

amazonで買えば、1リットルあたり約60円。ウォーターサーバーはどんなに安くても約80円となる。

ただウォーターサーバーでも24リットルで1000円以下と格安の水もあるので手間や労力も考えた場合はこちらの方がお得と思う人も多い。
それぞれのメリットを把握して自分にあった水や購入方法を検討してみよう。



それぞれの便利に思えるところ

ペットボトルを使う利点
・格安の水を選んだ場合は月に掛かるコストが安い。
・必要な分だけ買える。
・毎回別の水を買う事もできるので飽きない。



ウォーターサーバーの使う利点
・24時間、冷水、温水が使えて便利。←ここがかなりおすすめポイント
・業者が届けてくれるので買いに行く手間がなく重たい思いをしなくていい。
・冷蔵庫のスペースをとらない。
・お湯がすぐ飲める。



まとめ


ペットボトルとウォーターサーバーを比較してみるとそれぞれメリットがあるというのがわかるが最近ではペットボトルを買っていた人がウォーターサーバーに切り替え始めている。その理由としては以前よりウォーターサーバーの料金が安くなっているというのもあるが、料金以前に得られる利便性が大きいというのがある。

私自身、ペットボトルの方が安いからウォーターサーバーなんて必要なないと思っていたが、実際使ってみるとお試し期間が終わり返却するのが惜しくなってきた。たぶん99%の人がそう思うに違いない。

悩んでいる人は無料でお試しできる業者もあるので、一度検討してみてはどうだろうか。
一度使ったら病み付きなるのは間違いない。