ウォーターサーバーの仕組みを知って、賢くウォーターサーバーを選ぼう

ウォーターサーバーってどんな仕組みがあるのか気になる人も多いと思う。

最近のウォーターサーバーは本当に良く出来ていてメーカーごとにどんどん色々な機能を搭載してきている。私自身もここ数年でのウォーターサーバー業界の進歩にはただただ驚くばかりだ。

それぞれが持ち味を出して頑張っているのでこれからもウォーターサーバー業界を応援していきたい。

では、ウォーターサーバーの構造を知って、電気代やメンテナンス代を節約できるウォーターサーバーを選んでみよう。



ウォーターサーバーってどんな仕組みで冷水、温水が出るの?

ボトルやパックをサーバーにセット

ボトルやパックから冷水タンクと温水タンクの2つのタンクに自動的に貯水される

それぞれのレバーを操作すると冷水、温水が出るという仕組みになっている。



電気で温水や冷水にするってことはかなり電気代がかかるの?

ウォーターサーバーの電気代は、平均して月に1000円前後かかる。でも、節電型のエコサーバーがあったり、エコモードを利用したりすれば半分前後に押さえられるサーバーもある。



自動クリーンシステム

温水をサーバー全体に循環させる機能が搭載で、サーバー内部を常に清潔な状態に保つことができるシステム。いつでも好きな時にクリーニングが可能。

これが付いていればいつでも安心して綺麗な水が飲めます。フレシャスならこの機能が付いているので衛生面を気にする人にはおすすめ。



光センサー

ECOモードをONにすることにより、就寝時などに部屋を暗くするタイミングでECOセンサーが感知する。そうすると自動的に温水タンクの電源がOffになり、電気代の大幅な節約に繋がる。

クリティアならこの機能が付いているので電気代を抑えたい人にはおすすめ。

まとめ

最近のウォーターサーバーには様々な機能が付いているものが増えてかなり便利になってきている。その中でも私がおすすめしたいのは自動クリーンシステムや光センサー機能だ。

どうせ設置するなら適当に選ぶのではなく便利な機能が付いているウォーターサーバーを選ぶのが賢い選びかただと思う。