32リットルを選択すべき人

32リットルはヘビーユーザー向け

家族でウォーターサーバーを使用するとき、その家族の中に育ち盛りのお子さんがいたり、美容や健康に気を遣う人がいる場合には、ウォーターサーバーの水をたくさん摂取することになりますので、32リットルを基準に考えるようにしましょう。ボトルサイズとしては12リットルを3本程度、もしくは8リットルを4本程度、または7リットルを5本程度という数字が基準になります。さらに、5ガロンのボトルを2本程度と考えておいても良いと言えます。

ノルマがない業者なら32リットル

32リットルというとかなりの消費量に思えると思いますが、もしも1ヶ月あたりの最低注文回数などが設定されていない業者、つまりは毎月のノルマがないような業者の場合には32リットルという数字でオーダーを出してもいいかもしれません。これだけまとまった量をオーダーしておいて、数ヵ月後にまた32リットルという単位でオーダーすれば注文回数を減らすことにもなりますので、それだけ手間もかかりませんから手軽に利用が可能です。

美容や健康を意識するなら多めに

水をどの程度注文するかは、自分たちがどの程度の水を消費していくかによるのですが、目的によってもベストな水の量は変わってくると言えます。ウォーターサーバーを利用したいというときに、健康面や美容面を意識している人は多いと思いますが、そのような目的を果たしたいのであれば、できるだけ毎日たくさんの水を飲むことをオススメします。そのほうが効果的な毎日を送ることができますので、32リットルを一人暮らしでオーダーするケースもあるのです。