32リットル以上を選択すべき人

家にいる人数が多いなら32リットル以上

数名の家族での利用であれば32リットルあれば1ヶ月あたりに使用する水は補うことができると思いますが、家族の人数が6名や7名などの大人数の家族であったり、友人がよく家に集まるという人や自宅においてカルチャースクールをおこなっていて生徒さんなどが日常的に訪ねてくるような環境にあるのであれば、1ヶ月あたりの消費量が32リットルを超えることもありますので、そのような場合にはボトルサイズが大きい業者を選択しましょう。

水の価格が安い業者を選択するべき

32リットル以上の水を消費していく場合、何よりも重視するべきは水の値段になります。水の消費量が少ないということであれば毎月のノルマがなく、サーバーレンタル代が少々かかるようなウォーターサーバー業者を選んでおいたほうがお得になるのですが、水をたくさん飲む、たくさん使用するという家庭の場合には、ノルマは簡単にクリアすることができますので、サーバー代金が無料なのはもちろん、水の価格も安い業者がお得になるのです。

追加注文の値段にも注目

32リットルの場合いには、8リットルボトルの4本セットなどになりますが、これ以上の場合には追加注文などで補うことになります。しかし、ウォーターサーバー業者の中には追加注文の場合には水の料金が安くなるケースもあるのです。そのような業者を選んでおいたほうが総合的には安く済むわけですから、追加分も同じ価格の業者よりは安く済む業者を選んでおくべきと言えます。大量に消費する場合には、このようなポイントにも目を向けましょう。