電気使用量

電気代はサーバーごとに異なる

ウォーターサーバーというのは、簡単に言ってしまえば電化製品です。そして、ほかの電化製品を見ればわかるように機種ごとに電気代は違います。最近はどれも省エネになっていますが、これはウォーターサーバーでも同じでモノによって電気を食うものもあれば、ほとんど食わない省エネタイプもあるのです。そのため、毎月の電気代を増やさないためにも、数あるウォーターサーバーの中から省エネのものを選んでおくと後悔しません。

電気代は一日数円から十数円レベル

具体的にウォーターサーバーがどの程度の電気を使用するかと言えば、これは使用頻度などによっても変わるものなので一概にいくらということは言えないのですが、おおまかに言えば一日あたり数円から十数円というレベルです。そのため、一ヶ月あたりに直しても百円レベルで済むウォーターサーバーもたくさんあります。やはり、電気代は安いに越したことがないわけですから、できる限り安く済ませられるサーバーを選んでおきましょう。

サーバーの大きさで電気代は変わらない

最近のウォーターサーバーには床に直接置くタイプのものと、テーブルやキッチンなどの上に置くことができる卓上タイプがありますが、この両者を比べた場合に卓上タイプのほうが大きさが小さいために、消費する電力も少ないと考えるかもしれません。そのために、あえて卓上タイプを選ぶという人もいるかもしれませんが、この両者で大きく電気代が変わるということはないので、自分の家にとってベストなタイプを選ぶようにしてください。