水の賞味期限

水には賞味期限がある

あまり知られていませんが、水と言っても体に入れるものですから、ほかの食品などと同じように賞味期限があるのです。もちろん、一般的な食品などと比べたら賞味期限は長いのですが、これを無視してしまうと、せっかくのおいしい水がおいしくなくなってしまうかもしれませんので、ウォーターサーバーを選ぶ際には賞味期限が長い水を提供してくれる業者を選んでおいたほうが、あとになって後悔しないことになるかもしれません。

少しずつ飲む人は特に注意

ウォーターサーバーを設置しても一ヶ月に一本や、二ヶ月に一本という頻度で水を消費していく場合には、水の賞味期限に特に気を使っておきたいものです。消費しきる前に賞味期限が過ぎてしまってはもったいないので、自分がどのくらいのペースでその水を飲みきるのか、どのくらいの期間で使い切るのかを考えた上で、その条件に最適な賞味期限を持っている水を選んでおいたほうが、あとになって後悔しないことにつながるのです。

問題はサーバー設置後の賞味期限

業者によって届けられる水は届いたままの状態で置いておくぶんには一年ほどもちます。しかし、サーバーに設置するとそこから一ヶ月程度が賞味期限になるケースが多いのです。そのため、問題はサーバーに設置してから飲みきるまでの期間なのです。届いたまま置いておくぶんには、その賞味期限はさほど気にしなくてもいいのですが、ほかの食品と同じように開封後の賞味期限というものは水であっても重視しておいたほうがいいのです。