ボトルの保管場所

セットで注文すると保管場所が必要

業者によってルールは様々ですが、たとえば一回あたりの注文がボトル2本ずつというルールになっている業者は多いです。この場合、一本はすぐにサーバーに設置して使用しますが、もう一本はどこかに保管しておくことになります。大型のボトルの場合にはどこかに置いておくことになりますので、その保管スペースも考えておかないと、あとになって後悔してしまうことになるかもしれませんので、セット注文の場合には特に考えておきましょう。

3本セットのケースも多い

ウォーターサーバーに設置できるボトルの数は一本だけです。それ以外のボトルはどこかに保管しておくべきですが、3本同時に注文をすることがルールになっている業者もあり、このような場合には残りの2本を保管しておくことになるのです。そのため、自分の家のどこに置くことができるのかということを考え、その上で業者を選んだり、ボトルのタイプを選んだりすることが、あとになって後悔しないための秘訣となりますので覚えておきましょう。

空ボトルの保管スペースも重要

ウォーターサーバー業者が用意しているボトルは硬い素材でできたボトルもあれば、ビニールで包まれているだけのようなタイプのものもあります。後者の場合には使用後は資源ゴミなどとして捨ててしまうことができるのですが、前者の場合には次回、水を配達してもらうまで保管しておくことになります。そのため、このようなカラになったボトルの保管スペースも同じように考えておかないといけませんし、ボトルのタイプを考慮する必要があります。