最低注文量

最低注文量と使用量のバランスを考える

ウォーターサーバーでは水のボトルを消費していくことになるのですが、消費する量は人それぞれです。そのため、たとえば12リットルのボトルを毎月何本ほど消費していくかも人それぞれです。この際に毎月の最低注文本数が2本だった場合に、それだけの量を消費できる人であれば良いのですが、それでは多すぎるということであれば水が余ることになりますので、最低注文数が少ない業者やそもそもそのような数が設定されていない業者を選びましょう。

最低注文量が決まっていない業者もある

一人暮らしや二人暮らしなど、消費する水の量が少ないもののウォーターサーバーを使用したいという場合には、最低注文量が決まっていない業者を選ぶのもひとつの選択肢です。必要な時にだけ注文を出せば問題がないので、消費量が少ない人に向いています。また、ボトルのサイズも影響してきます。ボトルサイズが小さいのであれば最低注文数が設定されていても問題なく消費していくことができますので、どの業者でも問題ないのです。

注文の頻度も大きく関係してくる

それぞれのウォーターサーバーの業者は注文の頻度を設定しているケースもあります。1ヶ月に1度の注文が設定されているケースもあれば、3週間に一度、2週間に一度などのケースもあります。たくさんの水を日々使用していくのであれば2週間に一度や1週間に一度の注文がベストですが、消費量が少ない場合には1ヶ月に一度などの間隔で注文することができる業者を選んだほうが良いので、注文頻度も考慮しながら業者を選択しておきましょう。