初期費用

初期費用とは何なのか

ほかのサービスで説明するとわかりやすいのですが、たとえば入会金や初期費用、事務手数料など、名目は様々ですが最初だけ発生する費用があるサービスは多いです。ウォーターサーバーの場合には、このような費用が発生する業者は少ないのですが、中には初期費用が発生してしまう業者もあります。もちろん、その有無だけで考えてしまうのではなく総合的にお得な業者を選ぶべきですが、このような観点も持っておいたほうが後悔しません。

初期費用があってもお得なケース

普通に考えると初期費用がない業者を選択することが最もお得なパターンのように思えるはずです。しかし、初期費用がなくても毎月のサーバーレンタル代がかかるケースと、初期費用が3000円程度かかったとしても、毎月のサーバーレンタル代が無料というケースを比べた場合には、明らかに後者のほうがお得ということになります。そのため、初期費用の有無だけで結論をつけるのではなく、総合的に判断しておくことが重要になるのです。

キャンペーン時などには無料になる

入会金を設けているようなウォーターサーバー業者であっても、キャンペーンなどでその金額を免除にしていることもあります。そのため、このようなタイミングを狙って無料で入会することを狙ったり、そのようなキャンペーンを今現在展開している業者を探してみるというのも、ウォーターサーバーを使用しておいしい水を手に入れるための賢い方法のひとつと言えるのです。ぜひとも、そのような考え方もおこなって、後悔しない道を探りましょう。