ボトルの種類

ボトルの大きさ

ウォーターサーバーで使用される水の入ったボトルというのは、コンビニやスーパーマーケットなどで売られている水の入ったペットボトルを大きくしたものと思ってもらえればわかりやすいと思います。だいたいの場合には10リットルや20リットルなど、かなりの大容量となっているのですが、10リットルと20リットルのボトルでは単純に倍違うわけですから、業者によって水のボトルの大きさにはそれぞれ違いがあることがわかると思います。

大きければ注文回数が減る

仮にボトルのサイズが小さなものであった場合には、水をどんどん使用していった場合にはすぐに中身がなくなってしまいます。つまりは新たに注文をしなければならないわけですが、ボトルの大きさが大きい場合には注文をする回数が減ることになります。そのような手間を考えるとボトルの大きさは大きいほうがいいのですが、一度の注文でボトルをいくつかまとめて頼んだ場合には保管しておくスペースのこともあるので、考えたほうがいいと思います。

ボトルの材質

ウォーターサーバーで使用されるボトルはペットボトルと同じように薄い素材で作られていて、使用後はつぶして廃棄することができるものもあれば、かなり頑丈にできていて使用後は返却するタイプのものもあります。このような違いもありますので、ウォーターサーバーを選ぶ際にはこのようなポイントも比較してみるようにしてください。硬いタイプのものは自宅にて保管しておくなどの手間がかかりますので、自分にとって良いほうを選んでください。