採水地

採水地はそれぞれ違う

ウォーターサーバーで使用するのは水です。水となるとどれも同じように感じるかもしれませんが、市販されているミネラルウォーターなども色々な場所のお水があることからもわかるように、ウォーターサーバーで使用されている水も色々な場所でとられたものです。そのため、どのような場所でとられたものなのかということに注目して、その場所でとれる水にはどのような特徴があるのかということも比較する際のポイントにしましょう。

採水地は国産が多い

すべての水が国産ということではないのですが、ウォーターサーバーで使用されているお水のほとんどは国産です。つまりは日本国内でとれた水を届けてくれるのです。しかし、北海道でとれる場合もあれば京都の場合もあったりと、国内といってもいろいろな地域で採水されており、それぞれの場所によってお水の味などに特徴がありますので、それらの特徴を知った上で自分にとって最適な水を届けてもらえるようにしたほうがいいと思います。

人気の採水地

日本国内の採水地としては日田、六甲、富士、京都などがあげられ、これらの場所からとられたお水はウォーターサーバーでも使用されており、いずれも人気を博しています。たとえば富士の場合にはミネラル分がかなり豊富に含まれているなど、その場所によって特徴があります。気になるウォーターサーバー業者があった場合には、その業者の水の採水地を知り、その採水地でとられたお水にはどんな特徴があるのかを知ってください。