水の硬度

水の硬度とは何か

ウォーターサーバーを頼むということは水を頼むということになるわけですが、一口に水と言ってもいろいろなものがあります。そして、そのひとつが「水はそれぞれ硬さが違う」ということです。硬度と呼ばれる基準が水にはあって、どのような硬度の水を選ぶのかによっておいしいと感じることもあればまずいと感じることもあったり、赤ちゃんなどがいる家庭では硬度に注目して選ばないといけないのです。この点は覚えておきましょう。

硬度が違うと味わいも違う

水には硬度というものがあって、それぞれのお水は硬さが違うのです。硬さと言われてもわからないかもしれませんが、いうなればきりっとした水もあればなめらかに感じる水もあるということになると思って頂ければいいのかもしれません。そして、これによって味の感じ方も違いますので、普段飲んでいるお水の硬度を知って、おいしいと感じるお水と同じような硬度のお水を扱うウォーターサーバー業者を選んだほうがいいと思います。

軟水と硬水

水には硬度というものがあり、そのような水は「硬水」と呼ばれます。逆に柔らかい水もあり、そのような水は「軟水」と呼ばれているのです。水の硬度は「ppm」という単位が使われているのですが、40から80ppmぐらいの水は軟水と呼ばれていて、180ppm以上ぐらいの水は硬水と呼ばれています。そして、日本の場合にはだいたいが軟水なので、どちらかと言えばウォーターサーバーにおいても軟水を選んでおいたほうがいいと思います。