胃腸が弱い人にピッタリの水

胃腸が弱いなら軟水が無難

人それぞれ体には特徴がありますので、自分がもしも胃腸が弱いということであれば、ウォーターサーバーを選ぶ際にも軟水を選んでおいたほうがいいのです。水は当然ながら口から摂取したあとには胃に入り、そのあとに腸へと流れていくのですが、このような消化器官が弱いのであれば硬度の高い水は厳しい相手となりますので、不快な思いをしないで水を飲めるようにするためにもウォーターサーバーでは軟水を選んでおくようにしてください。

硬水は胃腸への負担が大きいと言われる

ウォーターサーバーを自宅に置いたとき、その水が硬水であった場合には胃腸に負担を与えてしまうことがあるので、できるだけ軟水を選んでおいたほうがいいと言えます。特に胃腸が弱いのであれば、それは尚更です。やはり、胃腸が弱い人には胃腸への負担が少ないものを選んだほうがいいわけですから、ウォーターサーバーを置くときにはこの点を重視したほうが良いと言えます。まずは試しに色々な硬度の水を飲んで最適なものを見つけてみるのも良いかもしれません。

ぬるま湯にして飲むという工夫もある

胃腸が弱い人へのアドバイスとして、水の硬度だけではなく水の温度にも気を配ることが大切であると言えます。胃腸を冷やしてしまうとお腹をくだしてしまうことがありますが、そのためには冷たいままの水を避けることも重要なのです。ウォーターサーバーの場合には、冷たい水と熱いお湯がそれぞれ出るようになっていますので、コップに冷たい水を半分、熱いお湯を半分注ぐことによって、胃腸に優しい温度の水を作ることも可能なので、このような手段をとってみてください。