ミルク用にピッタリの水

赤ちゃんには軟水がベスト

ミルク用の水、つまりは赤ちゃんが摂取する水に関してはピッタリな水というものがありますので、そのような水を選ぶようにしましょう。どのような水を選べばいいかと言えば軟水です。水には硬度があり、硬度が低いものほど柔らかい水、つまりは軟水ということになるのですが、このような水が赤ちゃんにピッタリなのです。硬度の高い水は赤ちゃんの体に必要以上に負担をかけてしまいますsので、できるだけ硬度の低い水を選んでおきましょう。

赤ちゃんの体に負担をかけると

ウォーターサーバーで使用する水に硬度の高い水を選んでしまった場合には、赤ちゃんに負担をかけてしまうことになります。これがどのようなことを意味するのかというと、赤ちゃんを下痢に追い込んでしまったりします。もちろん、なんの問題もないケースもあるのですが、そのような可能性があるわけですし、軟水を選んでおいたほうがいいわけですから、よほどの理由がないということであれば、硬度の低い軟水を選んでおくようにしましょう。

赤ちゃんミルクに最適な温度

お母さんやお父さんとして生活していれば、すでにご存知だと思いますが、赤ちゃんのミルクは人肌がちょうどいいと言われています。そのため、あまりに熱いお湯でミルクを作った場合にはある程度は冷まさなければならないのですが、ウォーターサーバーの場合には熱いお湯と冷たい水が両方出ますので、その両方を注ぐことによってちょうどいい温度を作ることも可能なので、そのような混ぜ方をして赤ちゃんに最適な温度を作るのもひとつのテクニックです。