災害備蓄にピッタリの水

ウォーターサーバーは備蓄も可能

日常的に使う飲料水になるのがウォーターサーバーです。日々飲むことができる安心して美味しい水が手に入るわけです。しかし、これはあくまでも基本的な使い方です。それ以外にも用途はあるのです。何かと言えば災害時に役立つ水になるのです。地震などによって断水してしまった場合には、取り急ぎの数日は自分で水を確保しないといけないのですが、このような際にウォーターサーバーのボトルの水が大活躍することになるのです。

備蓄を考えるならボトルが大きいものを

ウォーターサーバー業者が用意している水のボトルには色々なサイズがあります。小さいものは数リットルですが、大きなものは二十リットル近いものもあります。そのため、備蓄のためにも使いたいという場合には、できるだけ大きなボトルがぴったりです。また、そのようなサイズのボトルがある業者に気に入るところがない場合には小さめのボトルであっても複数備蓄しておくようにすれば、地震の時などに大いに活躍することになります。

震災の際に役立てている人が多い

日本は地震大国ですが、実際に過去の震災時にもウォーターサーバーが役立ったという人はたくさんいます。地震発生からしばらくすれば給水車も来ますし、避難所も立ち上がりますが、それまでの間は自力でどうにかしないといけないので、ボトルに水が入っていれば助かること間違いありません。さすがに普段のように冷たい水や熱いお湯は出てこなくなってしまうかもしれませんが、それでも飲料水があるということはかなり重要なことです。