配送料

配送料の有無は業者ごとの判断

ウォーターサーバーに欠かせないものと言えば水なのですが、この水は運送業者などによって運ばれてきます。定期的に配達されてくることもあれば、注文をしたときにだけ配達されてくることもあるのですが、いずれにしても配送料がかかる業者もあれば、配送料がかからない業者もあります。そのため、できることなら配送料がない業者を選んでおいたほうが発生する費用を安くおさえ、経済的な負担の無い中で美味しい水が飲めるのです。

配送料は毎回かかるもの

配送料に関して、これが一回だけ発生するようなものであればまだ払ってもいいのかもしれませんが、ウォーターサーバーで定期的な購入をすれば毎月一回は配送料がかかることになります。そのため、ウォーターサーバーを使用し続ける限りは毎月発生することになりますので、長い目で見た場合には配送料の有無はとても重要なポイントになるのです。そのため、たかが配送料などとは考えずに、その有無はしっかりとチェックしておきましょう。

配送料と水の代金のバランス

ウォーターサーバーで使用する水を配送してもらうために配送料がかかる業者がありますが、配送料がかかったとしても水の代金が安い場合には、配送料がある業者を選んだほうがお得なケースもあります。水の代金が1000円で配送料が500円の業者と、水の代金が2000円で配送料がない業者を比べた場合には、当然ながら前者の業者がお得になりますので、そのほかの要素も勘案した上で問題がなければ前者の業者を選んだほうが良いのです。