解約金

解約金を設定する業者は多い

ウォーターサーバーを扱っている業者はたくさんありますが、そのような数ある業者の中で、解約金を設けている業者は意外とたくさんあります。そのため、少しでも無駄な費用を発生させたくないという場合には解約金を設けていない業者を選ぶべきです。どの程度の金額かと言えば、およそ5000円前後となっています。そこまで大きな額ではないのですが、このようなことをあとから知ると何だか悔しいので、最初に把握しておきましょう。

解約金が発生するのは条件がある

解約金という制度があるからと言って、すべての人が解約金の支払いを求められるわけではありません。どういうことかと言えば、解約金が発生するには一定の条件があるのです。ウォーターサーバーを新規に設置してから、一定期間使用すれば解約金は発生しないのですが、一定期間に満たない段階で解約すると解約金がかかるのです。この期間は業者によって微妙に異なるのですが、多くは一年を超えて使用すれば解約金は発生しません。

短期間で解約する人の理由

ほとんどの人がウォーターサーバーを期間を決めないで利用していると思います。気に入ればそのままずっと使い続けたいと考えていると思います。しかし、一年未満などの解約金が発生するタイミングで解約をする人もいます。そのような人がなぜ解約に至っているかと言えば、突然の引越しなどの特殊なケースが多いようです。そのため、そのような状況になりそうもない人は解約金のことをそこまで考え込む必要はないのではないでしょうか。