工事費

設置のための費用

ウォーターサーバーを自宅に設置する場合、そのセットアップが必要になりますが、このような作業をおこなう際に費用が発生するケースがあり、これが工事費などの名目で必要になることがあるのです。サーバーの設置は自分でおこなえるという人もいるのでしょうが、工事費を徴収している業者の場合にはたとえ自分でセッティングをしたとしてもその費用がなくなる可能性は少ないので、そもそもこのような費用がない業者を選んでおくべきです。

徴収している業者は少ない

サーバーの設置の際に工事費をとっている業者はそこまで多いわけではありません。むしろ、このような費用をとっていない業者のほうが多いとも言えます。そのため、工事費というものにそこまでナーバスになる必要はないのですが、少ないとは言っても徴収している業者があるわけですから、完全に無視して良いものではありません。選んだ業者がこのような費用をとっている業者なのかどうか、一度はチェックすることが重要になります。

手数料などの名目の場合もある

工事費をとっていないウォーターサーバー業者は多いです。そもそもサーバーのレンタル費用などもとらず、水の費用だけでサーバーが置ける業者が多いので、これは当然とも言えますが、業者によってはわかりやすい「工事費」などの名目ではなく、ほかの形の言葉で表されているケースもあるのです。たとえば手数料や諸費費用などの名目で最初だけ費用が発生することもあるのですが、そのようなものの中に工事の経費も入っていることがあるのです。