設置スペース

数字と見た目は異なるもの

ウォーターサーバーは業者によって横幅や奥行、高さなどは異なります。そのような数字は事前にウェブサイトなどで見ることができるのですが、おおまかにはわかりますが実際に置いてみないとイメージがつかめないこともあります。置くことはできても妙に周りを圧迫してしまうような感じで狭い印象になってしまうこともあるので、ウェブサイト上の数字だけで納得してしまうのではなく、実際に家に置いて実際の感覚をつかんでおきましょう。

目測よりも実際の設置が大事

ウォーターサーバーはキッチンに置くという人が多いです。そのため、冷蔵庫の横やキッチンのちょっとしたスペースに置くということが多いのですが、そのような場所に置く場合にはやはり実際にサーバーを置いてみましょう。サイズを把握した上でメジャーなどで測ったり、目測で判断したりするかもしれませんが、そのような計測方法ですと実物を置いてみたら置けなかったということも有り得るわけですから、お試しを利用して調べるべきです。

家に搬入できるのかチェック

ほとんどの場合にはウォーターサーバーはコンパクトな作りをしているので問題ないのですが、家の作りによっては置きたい場所まで搬入することが大変な作業になることも考えられます。そこまでの大型家具ではないので、このポイントをそこまで考える必要はないのですが万が一にもそのようなことになりたくないということであれば、ウォーターサーバーをお試しで使ってみて、問題なく搬入することができるかチェックしておきましょう。