水はどうやって家に届くの?

水は家まで運んできてもらえる

ウォーターサーバーというのは一言で表現するならば水の宅配便です。そのため、玄関まで水を持ってきてくれます。これによって重い水を運ぶという手間から開放されることになり、とても便利なのですが、そもそも水を運んできてくれるのは誰かと言えば、それは専門スタッフです。内部に配送部門を持っていて、ウォーターサーバー業者が自ら運んでいる場合もありますし、外部の運送会社に運ぶことを委託して宅配便として届けている場合もあるのです。

2本や3本ずつセットになっている

家まで届けてもらえるウォーターサーバーの水は業者によってルールは異なるのですが、だいたいの場合には2本から3本ほどをセットにして届けてもらうことができます。そのため、毎週のように注文を出して、毎週のように受け取るというように、何度も手間がかかるということはなく、ある程度の量をまとめて注文して、まとめて受け取ることも可能です。また、定期便などの形で決まって頻度で自動的に届けてくれるタイプもあります。

業者の内部スタッフだと相談もできる

水を自宅まで届けてくれるのは外部の宅配便業者であるケースも多いのですが、内部に運送部門を持っているウォーターサーバー業者もあります。後者の場合には、そのスタッフもサーバーのことなどに知識がある可能性が高いので、ちょっとしたことであれば相談したり、アドバイスをもらったりすることも可能です。サーバーのことでわからないことがあった場合や、システム面で不明な点があった場合にも気軽に相談できるというメリットがあるのです。