どのくらいの頻度で注文するの?

業者によって注文間隔は異なる

定期的に水を届けてもらうタイプもあれば、自分で注文をするたびに水を届けてもらうタイプもあるのがウォーターサーバーです。定期的の場合には毎回注文をしないで良いので注文の頻度を気にすることはありませんが、自分で注文する場合には、間隔があまりに短いと水が多くなってしまい、あまりに長いと水が足りないことになります。そして、この間隔は業者によって異なるのですが、だいたいの場合には一ヶ月ごとに注文ができます。

水が余ってしまうことを避けたいなら

ウォーターサーバーを置いても、注文間隔があまりにも短いと水が余ってしまうことになります。そのため、自分が飲む水の量を考えながら、それに最適な間隔で注文を出せる業者を選びたいところです。二週間ごとの注文が基本になっている業者もあれば、一ヶ月ごとという業者もありますが、二週間ごとでは水が余ってしまうようであれば一ヶ月ごとの業者を選んだほうがベストです。色々な間隔がありますので、とにかく最適な業者を見つけましょう。

足りない場合には追加できる

注文できる頻度が一ヶ月間隔などという業者を選んでしまい、結果的にはかなりの水を使ってしまったという場合、水が足りなくなってしまうのですが、このような場合には追加注文ができますので、水を多く使うからと言って何がなんでも二週間間隔で届けてもらう業者を選ばなければならないということもありません。足りない分は追加でお願いして、補うという考え方に立ってみてもいいのではないでしょうか。そんな利用の形もオススメです。