水道水より安全なの?

水道管を通って届けられる水道水

意識したことがないかもしれませんが、水道水は自宅の蛇口を捻れば出ます。これは便利なことですが、ちょっと考えてみてください。家のすぐ横に水道施設があるわけではなく、その水を供給している場所は遠くにあるのです。つまりは、何キロ、何十キロにも渡って水道管を通ってきており、その水道管は数十年前に作られたものもあって、不衛生でもあるのです。健康を害するようなレベルではないものの、やはりウォーターサーバーのほうが安全性は高いのです

マンションなどは水道タンクに留まる

水道水はマンションやアパートなどの場合、地下にある水道タンクに貯められ、それを屋上にあるタンクにポンプで送っています。その後は、各階にある部屋へと水が落ちていく形で供給されている場合が多いのですが、いくら水道水が安全であっても、このような地下のタンクや屋上のタンクが不衛生だと、安全面に疑問符がついてしまうこともあるのです。大家さんがほとんど掃除をしない人だった場合には、安全面の保証はありません。

ウォーターサーバーはボトルで届く

ウォーターサーバーの水は水道管やタンクなどの施設を経由するのではなく、ほとんどの場合が処理施設でボトルなどに入れられて届きます。水道も処理施設でボトルに入れて届けられれば、もう少し安全な状態で飲むことができるのですが、水道の場合には水道管やタンクを経由するのは仕方がないので、安全性を求めるのであれば、そのような設備を経由せずに安心して飲むことができるウォーターサーバーの水を飲んでいただきたいものです。