一人暮らし男性の月間使用量の目安

一般的なケースでは20リットル前後

男性の一人暮らしの家庭にウォーターサーバーを設置した場合、一般的には1ヶ月あたり20リットル前後の消費とされています。そのため、7リットルボトルであれば3本程度、8リットルボトルであれば2本程度、12リットルボトルであれば2本程度を毎月消費するぐらいの計算になります。ただし、男性の一人暮らしの家庭であっても自炊をどの程度おこなう人なのかということは消費量を語る上で重要な要素となりますので、そこは覚えておきましょう。

自炊男子ならば30リットル以上

男性が一人で暮らしているとしても自炊を日常的におこなう男性の場合には消費量も増加します。もちろん、炊飯などにウォーターサーバーの水を使用するかいなかという考え方はあると思いますが、せっかく自宅にウォーターサーバーを置いたからにはそのような用途にも使用したいものです。そして、このような日々の自炊にもサーバー水を使用したい場合には一人暮らしであっても1ヶ月あたり30リットル以上は消費していくことになります。

健康目的でサーバーを置くケース

ウォーターサーバーを自宅に置いた際、その目的が健康にあるのであれば、やはり多くの水を消費していくことになります。たとえば朝晩コップで水を欠かさず飲んで、体内をきれいにしていきたいなどと考えているのであれば、その分の消費量を上乗せしましょう。ウォーターサーバーで健康な体を手に入れたいという目的はぜひとも叶えてほしいところですから、ぜひとも毎日たくさんの水を飲んで、気分の良い毎日を過ごすようにしてください。