追加発注は可能か

月によって飲む量は変わってくる

水は毎日飲むものですが、その時期によっても飲む量は変わってくるものです。たとえば、冬場よりも夏場のほうが飲む量は多くなるはずです。また、その週によっても変わるはずです。人をたくさん招いて家で鍋パーティーをしたり、家でみんなで飲んだりすることがあった場合には、普段よりも多くの水を消費します。そのような時に追加で水を発注することができるウォーターサーバー業者なのかどうか、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

追加注文は別の水も選べるケース

追加でウォーターサーバーに利用する水を注文できる場合、普段頼んでいる水と同じものをそのまま追加オーダーできることもあれば、その業者が扱っているほかの種類の水を追加できるケースもあります。せっかくならたまには別の種類の水を飲んでみたいなどの思いがあるようであれば、このようなシステムが整っている業者のほうがお得感があるのではないでしょうか。量は同じであっても種類が違えば、水を飲む楽しさも増えると思います。

追加注文の際の料金にも注目

ウォーターサーバー用の水を追加で発注する際に、料金形態が異なることもあります。たとえば月に一度、自動的に二本のボトルが届くようになっているような場合に、その二本に関しては正規の料金なのは当然ですが、三本目以降の追加分に関しては通常よりも格安になっている業者もあるのです。三本目以降も料金は同じという業者よりもお得になりますので、追加注文が多く出そうであれば、このような業者を選ぶのもひとつの手です。