水代金以外が不要か

サーバーのレンタル代などの維持費

ウォーターサーバーは水という消耗品のお金と電気代という光熱費のお金のことさえ考えておけばいいのですが、これはあくまでも最低限の要素です。業者によってどのような費用がかかるのかはそれぞれ異なるのですが、たとえばウォーターサーバーのレンタル代金などが発生する業者もあります。そのような維持費は毎月かかってきますので、利用する前によく考えておくべきだと言えます。レンタル代がかからない業者もあるのでよく比較しましょう。

メンテナンス代などの一時的な費用

水や電気代、サーバーのレンタル代などは毎月かかってくる維持費です。その一方で一時的にのみ発生する費用がある業者もあります。どのようなものかと言えば、メンテナンス費用がその良い例です。年に一度や二年に一度など、かなり限られた頻度ではありますが、このようなお金がかかる業者もあります。もちろん、このような費用が発生しないほうがいいのですが、メンテナンス代を払ったほうがお得になるケースもあるので他の要素も含めて比較しましょう。

運送費や月会費なども確認しておく

業者によって費用に関するルールは色々とあるのですが、水を自宅まで運んでもらう際に運送費用が発生することもあります。これも毎月かかってきますので、一回ずつは数百円レベルであっても、運送費の有無は長期的な視野で見ると意外と大きなものになります。そのため、できることなら運送費などがないウォーターサーバー業者を選んでおくようにしましょう。同じような意味で、月会費なども無い業者を選んでおいたほうがいいと思います。