煮沸したお湯と比較

煮沸消毒は悪いものでは無いものの

水を沸かして沸騰させ、それによって雑菌などを飛ばすことを煮沸消毒と言うのですが、たしかに水を少しでも綺麗にしたいという場合にはこの方法は有効です。しかし、煮沸消毒にはあくまでも限界があるということを忘れてはいけません。やはり、沸騰させるだけでは不可能なレベルもあるのです。その点ではウォーターサーバーの綺麗な水にはかないませんので、煮沸した水よりもウォーターサーバーで綺麗な水を手に入れるようにしてください。

煮沸しても沢山の水が余ってしまう

鍋にたくさんの水を入れて、一気に煮沸すれば煮沸消毒をおこなった水をたくさん作ることができます。しかし、鍋の場合には蓋をしておいても空気にある程度は触れてしまうことになるので、すぐに使わないのであれば、残りの水は無駄にしてしまうかもしれないのです。その点、ウォーターサーバーはボトルもサーバーも密閉された作りになっているのでそのまま放置しておいても菌が混入する心配はほとんどありません。そのため、やはりウォーターサーバーの方が優れていると言えます。

煮沸消毒は気休め程度に考えておく

水を綺麗なものにしたいという場合、煮沸消毒という手段をとることが悪いわけではありません。しかし、これは「最低限のレベルの綺麗な水が欲しい」という場合に用いる方法とも言えます。そのため、体内に摂取することになる水であったり、美味しくて安心して飲める水が欲しいというような場合にはこのような方法で妥協してしまうのではなく、ウォーターサーバーに入っている完璧な水を手に入れたほうが自分のためにも良いと思います。