併用するという考え方も重要

浄水器がすでにあるなら併用する

もしも今、家の水道の蛇口にはすでに浄水器がついているということであれば、それはそれで捨てる必要はありません。浄水器を通した水は水で使い道があるので、ウォーターサーバーを家に置いたあとも併用するようにしましょう。たとえば料理の水はそこまでこだわらないということであれば、料理用水には浄水器の水を使って、飲むための水分としてはウォーターサーバーの水を使用するという使い分けもありなのではないでしょうか。

併用は経済的にもやさしい

すでに設備が整っているのであれば、その方法とウォーターサーバーを併用するという考え方もありだと思います。もちろん、せっかくウォーターサーバーを置いたのだから、ウォーターサーバーの水だけを活用していきたいということであれば、それはそれで構わないのですが、併用するとウォーターサーバーの水をそこまで使用しないことになり、節約になります。そのため、併用という方法は経済的な観点からも優れた方法と言えるのです。

併用したあとで答えを出す

浄水器などが家にある場合、まずは併用していくことをオススメしますが、併用する前に答えを出してしまうのは一番もったいないです。併用してみた結果、やはりすべての水をウォーターサーバーにしたいということであれば良いのですが、試しもしないですべてをウォーターサーバーにしてしまうとなれば、せっかく節約できたかもしれないものを無駄にしてしまうことになりますので、そのようなことにならないように使い分けという考え方は忘れないようにしてください。