浄水器を通した水と比較

浄水器は過信しないほうが良い

自宅で美味しい水を飲もうと思ったとき、最も気軽にできることと言えば蛇口に浄水器をつけることです。そして、実際に浄水器をつけている人は多いと思います。もちろん、浄水器をつけない水よりはつけた水のほうが良いのですが、それでも家庭用の浄水器では取り除くことができない不純物もたくさんありますので、ウォーターサーバーの水ほど綺麗ではありません。浄水器があるからと言って過信してしまうのは避けておきたいところです。

放射線に関する考え方

水道水に放射線が若干であっても混入してしまった場合には赤ちゃんなどは飲まないほうが良いのですが、家庭用の浄水器があるとこれが放射線を弾いてくれると思い込んでしまうものですが、放射線を通さないフィルターというのはかなりの高精度なものですから、家庭用の浄水器では無理です。そのため、放射線に気をつけなければならない時代を生きてしまっているのですから、ウォーターサーバーで確実な安全を手に入れておきましょう。

フィルター交換を怠る人が多い

家庭用の浄水器というのは、言ってみれば中にフィルターが入っており、水を濾過することによって綺麗にしているのです。しかし、このフィルターは消耗品であるケースが多く、まめに交換しないといけないことも多いのです。そうは言ってもたいていの人がフィルターの交換タイミングを把握していなかったり、知っていても忘れてしまったりすることがあるので、結果的には宝の持ち腐れになりますので、やはりここはウォーターサーバーを頼っておきましょう。