給湯器のお湯と比較

給湯器は食器洗いなどに適した温度

ウォーターサーバーは熱いお湯も出ますが、この熱いお湯に関して言えば、ウォーターサーバーを使わなくても給湯器のお湯があると思うかもしれません。しかし、給湯器で沸かしたお湯というのは食器などを洗うために適した温度になっていることが多く、そこまで熱くないので飲み物などに入れる際には適していません。人間が手で触れても熱くないような温度のお湯しか生み出せないのが給湯器となりますので、その点は覚えておきましょう。

給湯器の温度では殺菌しきれていない

ウォーターサーバーで飲むことができる水というのは綺麗で安全な水ばかりです。これと同じレベルの水を給湯器で手にすることは不可能です。給湯器から出てくるお湯はそこまで熱くないので、しっかりとした煮沸消毒ができていないレベルです。そのため、そのような中途半端なお湯で満足してしまうのではなく、確実に安全と言われていて、しかも美味しいウォーターサーバーの水を選んだほうが、あとあと後悔しないはずですからオススメです。

ストレスがかからに

最近は給湯器も操作してからお湯が出るまでの時間は短くなっていますが、そうは言ってもある程度のタイムラグがあります。水を出し始めてすぐのタイミングでは水ばかりが出て、しばらくして初めて熱いお湯が出てくることになるのですが、コップ一杯分のお湯だけが欲しいのに、かなりの水を無駄にしてしまうことになります。ウォーターサーバーの場合にはこのようなムダがなく、最初から熱いお湯が出るので、経済的でもあるわけです。