水道水と比較

安心して飲むことができる

水道水は私たちの生活の中で最も身近にある水です。家にある蛇口を捻ればいつでも簡単に水が出てきますので、その意味ではとても便利なのですが、「安心して飲むことができる」という視点で見た場合には、ウォーターサーバーのほうが圧倒的に優れているのです。水道水が危険ということではないものの、どちらがより安全性が高いかと言えば、工場で水をボトルに詰めて運んできてくれるウォーターサーバーのほうが安全性は高いのです。

水道水は水道管が問題になっている

水道水は決して汚いわけではありません。浄水場にある水を飲んでみるとわかりますが、とても綺麗な水です。この水がそのままの状態で家まで来てくれたらいいのですが、実際には水道管の中を通って家庭まで来ているので、その水道管の中にある汚れなどが不純物として水の中に混ざってしまい、自宅についた水は浄水場にあったときとは大きく変わった水になってしまっているのです。そのため、ウォーターサーバーのほうが安全面は高いと言えるわけです。

工場でボトルに詰めるという安心感

水道水は水道管の中を辿って家庭まで来ますが、ウォーターサーバーで使う水はボトルに水を詰めて配送します。このボトル詰め作業は工場でおこないます。業者によっては水を採取する場所に工場を作っているので、地下水など綺麗な水を組み上げたあとにすぐさま殺菌処理などをおこない、そのすぐあとにボトルに詰めているので、不純物などが入り込む隙間がなく、ウォーターサーバーの場合には綺麗なままの水を家で飲めるようになっているのです。