RO水ってどんな水?

RO水は純粋な水

ウォーターサーバーで使用される水にはいろいろなものがあるのですが、そのような様々な水の中で最近かなりの注目を集めている水があります。それが「RO水」と呼ばれるものです。RO水という言葉に聞き馴染みのない方もいらっしゃるかもしれませんが、RO水というのは簡単に言えばとても高性能なフィルターを使用してろ過した水のことで、つまりは綺麗な水である「純水」なのです。そのために、今では大きな人気を誇っているのです。

ろ過のレベルは業者で異なる

ウォーターサーバーで使われている水というのは各業者が地下水をくみ上げるなどして、そのあとにろ過をして不純物を取り除いた上で家庭に届けられるようになっているのですが、このろ過という作業が具体的にどのようにおこなわれているのかという部分に関しては、各ウォーターサーバーの業者によって異なるのです。どうせなら高性能なフィルターを使ってろ過をおこなっている業者を選んだほうがいいわけですから、RO水に注目しましょう。

高性能なフィルターとは何か

RO水というのは一言で言ってしまえば高性能なフィルターを使用してろ過をおこなっている水のことなのですが、どのくらいの高性能かと言えば0.0001ミリという小さな穴しか開いていないフィルターなのです。フィルターには小さな穴しか開いておらず、不純物はその穴を通れないためにろ過されていくことになるのですが、穴が小さければほとんどの物質は通れませんので、これだけ小さい穴のフィルターは高性能と言われて当然のことなのです。