お水関連用語集

採水地

水を取る場所のことを採水地と言います。水によって採取する場所は異なりますが、多くのウォーターサーバーの場合には国内です。国内の水源の中でも綺麗な湧水や地下水をボトルに詰めています。その一方で、海外の綺麗な水を採取して輸入しているウォーターサーバー業者もあります。採水地が異なればその特徴も異なりますので、それぞれの水の特徴を掴んだ上で、自分に最も向いている水を提供してくれる業者を選ぶようにしましょう。

地下水

地下水というのはその名の通りに地下にある水のことです。井戸をご存知だと思いますが、あの井戸も地下水を汲み上げています。これと同じように各地にある地下水の中でも特に綺麗な水、おいしい水を汲み上げているウォーターサーバー業者はたくさんあります。地下水は地中で濾過されていくために不純なものがなくなって、綺麗でおいしい水になっているケースが多いので、地下水を扱っているウォーターサーバー業者はオススメです。

天然水

天然水というのは地下水を汲み上げたあと、必要以上の加工をおこなっていない水のことを意味します。たとえば消費期限を伸ばすために防腐剤を入れるなど、いくらでも加工をすることはできるのですが、そのようなことをしてしまうと本来の美味しさが味わえなくなってしまうことも多いので、ウォーターサーバーを利用するときには、このような天然水を飲んだほうが自分自身にとってメリットが大きいと言えるのではないでしょうか。

湧き水

山などに出かければ見かけたり、飲んだこともあると思いますが、地下水が湧き出ているものを湧き水と言います。ウォーターサーバーの場合には湧き水になる前の、地下水の段階で汲み上げているケースが多いので、より綺麗、より美味しい水と言えます。もちろん、湧き水が悪いものではないのですが、湧き水よりは地下水のほうが不純物も少ないと言われていますので、できることならそのようなウォーターサーバー業者を選んでください。

純水

純水は純な水という意味で、余計なものが一切含まれていない水のことです。世の中には様々な水があるのですが、本当の水という意味でいえば、この純水がそれに当てはまると言えるのではないでしょうか。美味しい水を飲みたいとは言っても加工されて美味しいよりも本物の美味しさを味わいたいはずですから、ウォーターサーバーを利用し始めるときには、このような純水を扱っている業者をセレクトしてみるのがいいのではないでしょうか。

ピュアウォーター

水の表現には色々なものがあるのですが、そのひとつが「ピュアウォーター」です。ピュアというのは純という意味でもあるのですが、これは言ってみれば「純水」という意味です。単に言い方が異なるだけであって、余計な不純物などが入っていない綺麗な水を意味しています。ミネラルなどもあまり含まれていないので、赤ちゃんなどにも向いている水と言えますので、小さいお子さんがいるならこの水を扱う業者を探してみてください。

ナチュラルウォーター

地下水の中でもミネラル成分が少ない水のことを「ナチュラルウォーター」と言います。ここで気をつけておきたいのは「ナチュラルミネラルウォーター」とは異なるということです。ミネラル成分が含まれてしまうと、赤ちゃんのためのミルク用に使用するのは避けたほうがいいということになってしまいますので、似ている言葉とは言っても、子供のためにもウォーターサーバーを使用するような場合にはナチュラルウォーターを選んでください。

ナチュラルミネラルウォーター

日本で採取される水の中で最も多いのが、この「ナチュラルミネラルウォーター」です。日本はその土地柄、ミネラル成分が多く含まれた水がよく採取できるのですが、ミネラルが含まれていますので、赤ちゃんなどには適していません。そのような場合にはナチュラルウォーターを選んでください。また、ナチュラルミネラルウォーターは採取したあとに科学的な処理などをおこなっていない純な水ですから、その美味しさは折り紙つきです。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターというのは地下水をもとにした水であり、マグネシウムやカルシウムなどのミネラル成分が豊富に含まれている水のことを言います。ナチュラルミネラルウォーターと似ているのですが、ナチュラルとついていない場合には天然水に加工を施して人工的にミネラル成分を含めている水も含まれていますので、ピュアな水を求めるのであれば「ナチュラル」と頭につくタイプの水を選んでおくべきです。とにかくミネラルにこだわりたい人には最適な水と言えます。

ボトルドウォーター

水源が地下水ではないものをボトルドウォーターと言います。たとえば地表に湧き出ている水を綺麗に処理した上でボトルに詰めた水であったり、水道水から不純物を取り除く作業をおこなってからボトルに詰めた水をボトルドウォーターと呼んでいます。地下水ではないものの、そのぶん価格が安いこともひとつの特徴と言えます。まとめて「ミネラルウォーター」と総称されてしまうこともあるのですが、厳密には異なるものなのです。

ペットボトル飲料水

普通に生活していて水に触れ合う機会といえば、最も多いケースはペットボトルに詰まった状態でコンビニやスーパーマーケットに置かれている水だと思います。だいたいの場合には500ミリリットルあたり100円ほどしますが、このようなものを購入し続けて飲用するよりはウォーターサーバーによって水を購入したほうが安く済むケースがほとんどです。店から持ち帰る手間もありませんので、やはりウォーターサーバーを選びましょう。

RO水

RO水というのは逆浸透膜という技術を用いて作られた水のことを言います。採取した水に含まれている不純物を取り除き、雑菌なども綺麗に取り除いた水なので、安心を求める人や美味しさを求める人には最適な水とも言えます。ウォーターサーバーの場合、最近は多くの業者が逆浸透膜を利用してRO水を作り出していますので、水道水を飲むよりはウォーターサーバーを使用して質の高い水を手に入れたほうがいいと言えるのではないでしょうか。

逆浸透膜

逆浸透膜というのは「ろ過」に関するひとつの技術の名称です。水には真水と言われるものと他の成分が含まれたものがあります。たとえば海水には塩分が含まれているのですが、そのような他の成分をすべて取り除き、綺麗な真水にすることができるろ過の技術を逆浸透膜と言います。これは多くのウォーターサーバー業者が取り入れている方法でもあり、綺麗な水を飲みたい、美味しい水を飲みたいという願いを叶えてくれる技術でもあるのです。

海洋深層水

海洋深層水は太陽光が届かない深い位置にある海水を汲み上げているもので、ミネラルバランスが素晴らしく、健康のために水を飲んでいきたいと考えている人には最適な水と言えます。ポンプを海の深い位置まで伸ばして採取しているために、深い位置にあるままの水をボトルにつめることに成功しているのです。ウォーターサーバー業者の中には海洋深層水を扱っている業者もいくつかありますので、ぜひともこのような業者に注目してみてください。

バナジウム天然水

バナジウム天然水とはバナジウムを豊富に含んだ天然水です。バナジウムというのはミネラルの一種であり、これを摂取することによって血糖値を下げる効果、ダイエット効果、成人病予防の効果などが期待されています。今現在もバナジウムを使って糖尿病の薬を開発する研究が進められており、その効果には医学会も注目しているのです。そのようなバナジウム成分を多く含んだ天然水で、健康で楽しい毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

アルカリ天然水

アルカリ天然水はミネラル成分が豊富に含まれた天然水であり、アルカリ性の天然水です。浸透力が強いと言われており、たとえば料理などに使用すると食材の奥深くまで浸透して、味を引き出すために強い力を発揮してくれると言われています。もちろん、通常のような飲料水として使用しても美味しく飲める水です。このように様々な場面で役立つ水ですから、ウォーターサーバーを置く際には候補のひとつにしても良いのではないでしょうか。

ろ過

ろ過というのは不純物を取り除く作業のことです。水道水であってもウォーターサーバー業者が提供してくれるボトル水であっても、このろ過という作業は必ずおこなわれています。ろ過をどのレベルまでおこなうのかによって水の綺麗さ、美味しさなどが変わってきますので重要です。ウォーターサーバーのボトル水の場合にはかなりのハイレベルな「ろ過」をおこなっているので、美味しく飲める水に仕上がっているという訳があるのです。

成分

水には様々な成分が含まれています。代表的なものとしてはカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分です。ミネラルウォーターなどと呼ばれるものはミネラル分が豊富であることを意味しています。そのほかにも様々な成分が入った水が存在していますので、美容や健康など目的に応じて水を選んでみてください。ウォーターサーバー業者は数多くあり、それぞれが色々な種類の水を用意していますので、比較しながら選ぶようにしましょう。

不純物

水は一見すると無色透明ですが、よく見ればそこには不純物が混じっていることもあります。人間の肉眼では確認できないような小さなものがほとんどですが、毎日飲む水だからこそ、このような不純物のないウォーターサーバーの水がオススメです。水道水などは浄水場の時点では綺麗であっても、各家庭に水道管を伝って運ばれてくる中で不純物が混じってしまうこともあるので、完璧な美味しさを求めるならばやはりサーバーの水が良いのです。

カルキ

水道水に含まれていることが多い成分のひとつが「カルキ」です。カルキというのは石灰のことで、水道水を消毒や殺菌するために使用されているものです。カルキは入れないほうが美味しいのですが、水道水で食中毒のようなことになってしまっては大変なので、安全のために浄水場などでカルキを混入させているわけです。この味が苦手という人も多いのですが、ウォーターサーバーの場合にはこのようなカルキは使われないことはほとんどです。

塩素

塩素は水道水に入っていることが多い成分のひとつです。水を浄化するために塩素を大量に使用しているためにどうしてもたくさんの塩素が入った状態で各家庭に水は届けられてしまうのです。もちろん、これを飲んだからと言ってすぐさま体に悪影響が出るというようなことではないのですが、決して良いことではありませんし、美味しさも半減させてしまっています。そのため、塩素を使用していないウォーターサーバーは本当にオススメです。

鉄サビ

水には直接的には関係のない用語ですが、水道水に含まれてしまうことがあるのが、この鉄サビです。水道管が劣化して、鉄サビが水に溶けてしまったり、マンションなどの水道タンクの内部にある鉄サビが水に溶け出してしまい、結果的にその水を飲んでしまうことによって体内へと吸収してしまうこともあるのです。必ずしもというわけではないのですが、そのような可能性があるということを踏まえて、水道水とは向き合っていきましょう。

ミネラル

ミネラルウォーターという言葉はよく聞きますが、このミネラルに関してイマイチ意味がわかっていない人も多いと思います。ミネラルというのはカルシウムやマグネシウムなどの成分のことで、これらが豊富に含まれている水をミネラルウォーターと言います。育ち盛りの人には最適な水と言えますが、その一方で赤ん坊や胃腸が弱い人にはあまり良いお水とは言えませんので、ミネラル成分がないピュアウォーターなどを選んでおきましょう。

有機ゲルマニウム

有機ゲルマニウムというのは、よく聞くレアメタルの一種です。この有機ゲルマニウムが多く含まれた水も各ウォーターサーバー業者は扱っています。まだ解明されていない部分もあるのですが、活性酸素を取り除くなどの働きがあると言われていますので、このような水は是非とも飲んでいただきたいものです。一般的なペットボトル飲用水などの場合にはこのような成分が豊富に含まれた水は珍しいので、サーバーを置いて毎日飲みましょう。

マグネシウム

ミネラル成分のひとつで、ウォーターサーバーによって得られる水の多くに含まれているのがマグネシウムです。マグネシウムはもうひとつのミネラル成分であるカルシウムを体内へと吸収しやすくする働きがあると言われています。なかなか普段の生活では摂取することが難しいので、水によって吸収しておきましょう。ミネラル成分が豊富な硬度の高めの水であれば、マグネシウムは豊富に含まれているので、そのような水を探してください。

カルシウム

カルシウムは水に含まれるミネラル成分のひとつです。牛乳などに豊富に含まれていることが知られていますが、牛乳などの場合には毎日大量に飲むのは難しいものですが、水ならば日常的にたくさん摂取していくことも簡単ですから、ぜひともウォーターサーバーを自宅に置いて、カルシウムをたくさん摂取してください。ミネラル成分が豊富な硬度の高めの水を提供してくれる業者を探せば、毎日手軽に飲むことができるようになるのです。

弱アルカリ性

弱アルカリ性というのは水の濃度を示すひとつの用語ですが、じつは人間と深い関わりにあるものでもあります。人間の体内にある体液はまさに弱アルカリ性なのです。そのため、弱アルカリ性の水を飲むことは、体が吸収しやすい水を摂取するということにもなりますので、オススメできる種類の水と言えます。また、赤ちゃんやお年寄りなど体が弱い人が飲むのにも向いている水と言えますので、家族みんなで楽しむことができる種類の水なのです。

硬度

水にはその種類を区別するために色々な数値があるのですが、そんな数値のひとつが「硬度」です。これは水の硬さを示していて、ミネラルが豊富に含まれている硬い水は硬度が高く、逆にミネラルが少ない柔らかい水は硬度が低いということになるのです。日本人が水道で飲んでいる水は軟水であり、硬度も60未満ですが、ミネラルウォーターなどは硬度が高くなりますし、輸入物はもっと高いものもありますので、自分に合った硬度を調べてみてください。

硬水

硬度が高い水のことを「硬水」と言います。諸外国に行ったとき、現地の水が自分に合わなくて下痢をおこしてしまったりする人が今もいます。水が合わないというのは何も水が汚いなどということではなく、硬度が高い水を飲んだからというケースが多いのです。日本は硬度の低い水が多くありますが、海外では硬度が高いので、結果として合わないということになってしまうわけです。そのため、硬水が合うか合わないか吟味が必要です。

軟水

硬度がおおよそ60以下の水を軟水と言います。軟水ですから、やわらかい水ということになり、飲んだ際に優しい味わいが特徴とも言えます。大人はもちろん、子供にも向いている水なので家族でウォーターサーバーを楽しみたいというような場合には軟水を選んでおくのが無難です。また、日本の水は軟水なので、飲みなれている水を飲みたいのであれば、やはり軟水を扱うウォーターサーバー業者を選んでおいたほうがいいと言えます。

超軟水

水の中でも硬度がとても低いものを「超軟水」と言います。硬度がどの程度だと超軟水と表現するのかは正式に定義が決まっているわけではありません。あくまでも一般的な意味で言えば、硬度が10以下の場合には超軟水とされていることが多いです。もちろん、10以上でも超軟水とされていることがあるのですが、とにかく硬度の数値がかなり低いものは超軟水と言われ、赤ん坊の体などにも優しいと言われていますので、検討してみてください。

pH(ピーエイチ/ペーハー)

理科の授業などで習ったこともあると思いますが「pH」というのは、その水が酸性かアルカリ性どちらに属するのかを示した数値です。「pH」はピーエイチ、ペーハーという2通りの呼び方がありますが、意味は同じです。そして「pH」は「pH0」から「pH14」まで存在していて、0に近いものは酸性、14に近いものはアルカリ性が強くなるという意味です。酸性は酸っぱい感じの水でアルカリ性は苦味があると言われていますので好みで選びましょう。

賞味期限

あまり知られていませんが、水にも賞味期限があるのです。ほかの食品に賞味期限があることを知っていても水にはないと思い込んでいる人も多いのですが、そうではありません。ただし、ウォーターサーバー業者が届けてくれる水はボトルに入ったままの状態ならば一年ほどはもちますので、非常用の備蓄水として置いておきたいというような人にもオススメですし、大きいボトルであっても問題なく飲みきることができるのでムダがありません。

価格

水道代を毎月払っていることからもわかるように、水を使うにはお金がかかります。そのようなお金が水の価格です。そして、ウォーターサーバーを利用すれば業者に水の費用を払うことになります。価格は業者によって様々なのですが、コンビニなどで売っているペットボトルなどに入った水よりは圧倒的に安い価格で売っているので、経済的な観点から考えてもウォーターサーバー業者を選んで美味しい水を飲むのがベストだと思います。

浄水器

家庭で気軽に美味しい水を飲みたいという場合に活躍するのが「浄水器」です。蛇口に取り付けるだけで美味しい水が手に入るわけですから、とても便利なのですが、簡易的な浄水器は気休め程度と思っておきましょう。高価な浄水器であってもどんな不純物もとりのぞけるわけではありませんので、安心して美味しい水を飲みたいということであれば浄水器に頼るよりもウォーターサーバーで水を手に入れたほうがいいのではないでしょうか。

浄水場

水を綺麗にする場所を「浄水場」と言います。水道水の大元にある施設で、川などから汲み上げた水を綺麗にしています。ただし、公共設備である水道の場合には、絶対的な安全を求めるために様々な薬品による消毒などをおこなっています。これによって安全性は高い水となるのですが、味わいは残念なものになってしまうことが多いのです。そのため、やはり水道水よりもウォーターサーバーの水のほうがオススメできる水となるのです。

水道水

水道水は最も手軽に手にすることができる水です。しかし、水道水は安全ではあるのものの、美味しさに関してはそこまで良いとは言えないケースが多いので、特に都市部においては飲み水として使用する水は水道水ではなくウォーターサーバーの水を使用することをオススメします。水道水は洗い物や掃除、洗濯やシャワーなど、口には直接入らない場合にのみ使用していくという形で使い分けていくことが望ましいのではないでしょうか。

調理用水

ウォーターサーバーの水を使う用途は色々なものがありますが、そのひとつが「調理用水」です。食事を作るために使用する水のことですが、たとえばお米を炊くのにウォーターサーバーの水を使用したり、味噌汁を作るための水にウォーターサーバーの綺麗な水を使用している人は多くいます。どのような範囲までをウォーターサーバーの水で賄うかは人それぞれですが、口に入るものだからこそできるだけ広範囲に利用したいものです。

煮沸

煮沸とは水を沸騰させることを言います。煮沸消毒などというのは、水を沸騰させることによって水分中にある不純物を取り除くことを言います。たしかに煮沸によって取り除くことができる不純物もたくさんあります。しかし、たとえば放射線などに関しては煮沸しても意味がないことがほとんどです。そのような意味からも、やはりウォーターサーバーを利用して安全な水を手にしてしまうほうが、自分や子供のためにも良いと言えます。